派遣業界情報

「優良派遣事業者認定制度」を導入しよう!

2018-02-02

#優良派遣事業者認定制度

「優良派遣事業者認定制度」を導入しよう!

優良派遣事業者認定制度を導入した企業は、公に優良な企業であることを示すことができます。今回は、優良派遣事業制度のメリットとデメリットについて解説していきます。

優良派遣事業者認定制度を導入しよう!

法改正による制度の変更などにより、今後派遣社員と派遣事業者の労働スタイルは変わります。

例えば、一定期間以上派遣会社に勤務できなくなるという上限が設けられ、正社員を増やしスキルアップをさせる機会を増やそうというものであったり、教育訓練を派遣事業者側が行うことが義務付けられたりと制度は時代に合わせていくつか変化しています。

では、そんな中で派遣労働者はどうやって良い派遣事業者を見分けるのか。例えこれら法律が制定されても、派遣会社ごとにスキルアップのやり方が違ったり、最低限法に触れない程度にはあるが環境がそこまでよくなかったりという事も起こり得ます。

そんな指標となるのが「優良派遣事業者認定制度」です。 この認定を受けた企業は一目で優良であることが公に公開されている為、当然ながら派遣労働者の集客に一役買うわけです。では、そんな「優良派遣事業者認定制度」を解説していきましょう。

「優良派遣事業者認定制度」のメリット・デメリット

ではそんな優良派遣事業者認定制度のメリット・デメリットからまずご説明。

メリット 

  • 社会的信用が高まる
  • 派遣会社のブランド力向上
  • 派遣先や親会社からの評価が上昇
  • 社会の意識改革となる
  • 競争力があがる
  • 派遣社員の満足が上昇

デメリット 

  • 認定があるにもかかわらず不満が高まった場合、信用が著しく低下する
  • 常に優良企業として継続するために、社内改革などを検討し続けねばならない
  • それら環境改善の為にコストがかかる

これらがメリット・デメリットとして挙げられる主なポイントでしょう。

まずメリットの方ですが、当然社会的な信用度は高くなります。同時に、優良である為にブランド力も高まります。当然、それらによる集客や派遣社員の雇用増加にもつながり、利益アップとなるでしょう。

また、優良であるがために社内環境や意識改革、教育訓練などを意図的に進めて行く過程で、競争力は高まり、社内の意識も高まります。そして社員全体のスキルアップへとつながります。 そして労働環境が良くなれば社員の満足度は上昇。業績もアップ。派遣先や親会社などの評価も比例して上昇します。

ただ、一方でデメリットとしては、これら"優良"の期待を裏切った場合、今まで以上に風当たりが強くなり、ダメージを被りやすくなります。また、これら優良の看板を維持するために社内改革に常に意識せねばならず、時間とコストは相対的にかかるようになります。つまり、これら優良であり続けるために継続が必要となります。「継続は力なり」をまさに地で行く存在となる為、逆に言えばその継続の苦しみも味わうことになります。

これから益々働き方は多様化し、労働法改善の影響もあって大きく変わります。労働者を確保したり、取引先を確保するという点…また、教育訓練やスキルアップが義務化された事もあり関心も高まる為、一度検討してみてはいかがでしょうか。また、これら効果により、派遣会社としての地位も向上するかもしれません。

関連する記事はコチラ

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
playse web面接