介護

福祉・介護の派遣スタッフに必要なキャリアアップ教育とは?

2018-06-15

#派遣 #介護 #教育 #キャリアアップ #eラーニング

福祉・介護の派遣スタッフに必要なキャリアアップ教育とは?

福祉や介護を派遣事業としている場合、それらスタッフの教育は非常に難しいと思います。 専門的であるが故に当然幅広いカリキュラムを設けなければカバーできません。 そこで、オススメなのがeラーニング。これを用いることで時間短縮やコストカットが可能となり、教育面でも非常に合理的に進めることができるようになります。 今回は、福祉・看護でのeラーニング導入のメリットについてご紹介していきます。

福祉・介護職には幅広い教育が必要

福祉や介護職には幅広い知識が必要となります。 まず、福祉や介護はお年寄りの方や障害のある方などを扱う為、とにかく人を重んじていないとできない職業です。そのため、まずその姿勢や心構えが何より重要となります。 どういった気持ちで臨むのか、それらが今後のケアに影響してきます。 次に、人と接するうえで重要なコミュニケーションの部分です。

接客業や営業でも必要なコミュニケーションですが、よりデリケートな部分に触れる福祉という都合上、ズケズケと踏み入るような無礼なことは避けねばなりません。こういった距離感などの繊細な部分をくみ取れるコミュニケーション能力が大切になってきます。

また、歩行介助の知識も必要です。 手引き、付き添い、階段昇降など、場や状況に合わせて応用が利かなければ、相手にけがをさせてしまう事にもなります。こういった介護の基礎知識も学ばなければなりません。 更に、当然ながら衛生管理も徹底せねばなりません。 相手がお年寄りであったり病人であったりと気を遣わなければ命に係わる部分も多くありますので、こういった衛生知識や危機管理、感染症予防の方法などもしっかりと理解しておかなければなりません。

3年間の教育カリキュラムが必要

法改正に伴い、入職3年以内のスタッフへの教育が義務化されました。 その為、習熟度毎に3年間の教育カリキュラムを作成する必要があります。

厚生労働省への報告が必要

当然、義務化された教育訓練ですので、厚生労働省への報告義務も併せて発生します。 報告には行った教育訓練の計画書や内容、時間といったことを記載しなければなりません。 教育訓練やキャリアカウンセリングの実施は義務ですので、万が一報告を怠った場合、警告や最悪の場合には業務停止命令が下ることもあります。十分ご注意ください。

eラーニングサービスの活用がおすすめ

そこで、オススメなのがeラーニングのサービスとなります。 eラーニングには福祉や介護の教材も充実しており、非常にわかりやすくなっております。

また、カリキュラムも作成しやすく、サービスを利用すれば教育訓練での不明点や書類についてアドバイスを頂けたり、作成補助が受けられるものもあります。 更には、厚生労働省への報告書を自動作成するサービスがあるなど、非常にサービスが充実しています。 その他にも、集合研修やセミナーなどと比較してコストダウンが望める事、準備に必要な工程数が少ないなど利便性も多いのが特徴です。

教育カリキュラム作成サポートがあることも

eラーニングのサービスには3年間の教育カリキュラムを計画書作成からサポートしてくれるものもあります。是非ともこの機会にeラーニングによる教育訓練システムを導入してみてはいかがですか。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
playse web面接