派遣法

3種類の教育訓練の記載が必要!人材派遣会社の事業報告書

2018-06-15

#派遣法 #法改正 #教育訓練 #事業報告書

3種類の教育訓練の記載が必要!人材派遣会社の事業報告書

派遣法改正によって義務付けられた事業報告書ですが、新たに3種類の教育訓練について記載が必要となりました。 そこで今回はその3種類の教育訓練について詳細をご紹介していこうと思います。

3種類の教育訓練の記載が必要!人材派遣会社の事業報告書

派遣法改正によって義務付けられた事業報告書ですが、新たに3種類の教育訓練について記載が必要となりました。 そこで今回はその3種類の教育訓練について詳細をご紹介していこうと思います。

報告が必要な3種類の教育訓練とは?

まず3種類の教育訓練とは、 

  1. 安全衛生教育
  2. キャリアアップ教育
  3. その他教育訓練

の3つです。 次に、それらの具体的な内容についてご説明していきましょう。 安全衛生教育とは? 安全衛生教育とは、労働安全衛生法第59条に基づき、入社時及び作業内容変更時において必要となる安全衛生教育を指します。

これは、労働災害を防止するのと同時に、異なる作業に転換した場合に軽率な行動から病気やケガにつながらないようにするために行われるものです。 また、これらは事業者の責任として行われるため、これら教育についての負担も事業者が担うことになります。

キャリアアップに資する教育訓練とは?

キャリアアップ教育訓練とは、全ての派遣スタッフを対象とする教育です。 まず、有給且つ無償で行われるのが大前提であり、入社時の教育訓練は必至となります。 また、フルタイム且つ1年以上の雇用見込みがあるものに対しては、毎年8時間以上の教育訓練を実施する義務があります。

その他の教育訓練とは?

その他として挙げられるものの中には、コンプライアンス研修やマイナンバー教育研修など、労働において必要となる研修、労働者自身が希望した任意の教育訓練が含まれます。

eラーニングを活用した教育訓練がおすすめ!

いかがでしょうか。 これらを活用するべく、カリキュラムが豊富なeラーニングが昨今注目されています。 教材が多く、同時に教育訓練計画を立案しやすい、管理や報告書作成が容易である点など利便性が非常に高いのが特徴です。 是非ともeラーニングでこれら教育訓練の手間や課題を解決してみませんか?

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング