どんな内容が必要?人材派遣の教育とは

2018-06-15

#派遣法 #法改正 #教育 #教育訓練 #内容

どんな内容が必要?人材派遣の教育とは

派遣事業は法改正により教育訓練が義務となりました。 しかし、何故今更になって教育が義務となったのでしょうか? 今回は教育訓練義務化に至った背景や、それら内容についてご紹介していきます。

CONTENTS
1. 派遣法改正により必要になった教育
2. eラーングを利用してより良い人材派遣の教育を

派遣事業は法改正により教育訓練が義務となりました。 しかし、何故今更になって教育が義務となったのでしょうか? 今回は教育訓練義務化に至った背景や、それら内容についてご紹介していきます。

派遣法改正により必要になった教育

2015年9月30日の労働者派遣法の改正により、派遣事業者は「キャリア形成支援制度」が義務付けられました。 これは、将来性を見据えたキャリア形成を念頭に置いた段階的かつ体系的な教育訓練の実施をするというもの。 以前までは派遣先に指導を投げやりにしていたり、会社内で派遣労働者のスキルを把握したり等がおろそかになっていました。そういうわけで法改正へと踏み切ったという背景があります。 キャリア形成支援制度とは、派遣労働者が正規雇用労働者になったり有期雇用された場合に備えて、どのようなキャリア形成で将来進んでいくのか等といった希望やスキルをベースとして適切な派遣先の選択や必要となる資格取得などへの支援をする制度です。

具体的に何をすれば良い?人材派遣教育

では、人材派遣事業者はいったいどうすればよいのでしょうか。 

  1. キャリアコンサルティングを行う事。
  2. キャリア形成に念頭を置いた適切な派遣先の選択ができるように配慮もしくは教育訓練の機会を手依拠する事。
  3. 有期雇用された場合を考えたビジネススキルなどを会得させること。

参考にしたい!派遣会社の取り組みを紹介

では、派遣会社がキャリア形成支援にどのように取り組んでいるのか…いくつか例をあげてみましょう。

1. 無期雇用に向けた優秀な人材確保と育成

これは先ほども取り上げたように、もしこの先正社員へとなった場合に役立つビジネススキル等を教育したり、スキルであったりコミュニケーション能力であったりなど何かしら突出した能力を持つ人材を確保する事です。

2. 請負業務に向けたチーム作りと対応

請け負った業務に対して個々の役割がしっかりと果せるように責任感を持たせたり、スケジュール管理能力を持たせたりします。

どうすばいいのか分からない!人材派遣の教育

しかし、いざいきなりやれと言われても、教育をどのようにしていいのか分からない… そこで登場するのがeラーニングの教育訓練サービスです。 教材も多くそれぞれに見合ったキャリアアップ教育を受けられるため非常に注目されています。

eラーングを利用してより良い人材派遣の教育を

いかがでしょうか。 教育訓練が義務化されどうしたらよいのか分からない場合はeラーニングのサービスを利用してみましょう。 教育方針などのカリキュラム作成のサービスもありますので是非一度ご検討してみてはいかがですか?

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング