教育

人材派遣の教育訓練はどう進める?

2018-06-21

#派遣 #教育訓練 #義務 #背景

人材派遣の教育訓練はどう進める?

派遣事業を運営するにあたって義務となっている派遣社員に対する教育訓練ですが、 今回はその義務化された背景について解説していきます。

派遣事業を運営するにあたって教育訓練が必要ですが、 今回はその人材派遣で義務化された教育訓練の意図などについてご紹介していきましょう。

派遣法改正の意図とは

派遣法改正は2015年9月30日に施行されました。 これにより、派遣会社は労働者派遣事業には安定的な雇用実現を目的としたキャリアアップを充実させることが求められます。 この法改正は、厚生省によると非正規と正規雇用の労働者間の待遇差を減らし、派遣元企業の義務とすることで派遣先・派遣元両者の不均衡ができる限り生じないようにするという意図があります。

キャリア形成を支援する教育が鍵

キャリア形成を支援するための教育として何が必要なのでしょうか。 キャリア形成教育には、教育計画の立案やカリキュラムの設定、更には労働者の個々のスキルや能力の把握が必要不可欠となります。また、キャリアコンサルティングの実施などで将来性を見据えた教育が重要となります。

教育訓練の導入ステップを解説

教育訓練の導入方法には集合研修、OTJ、eラーニングの3つがあります。 集合研修とOTJについては従来の方式ですので説明は省略して、eラーニングの導入方法だけ解説していきます。

eラーニングサービスを導入した場合、受講者のデータを集積する為のクラウド管理システムなどが必要となります。また、eラーニングで教育訓練を進める場合にもカリキュラムの作成が必要となります。 これらはeラーニングと並行してサービスを受けられる会社もありますので、そういったeラーニングサービスを導入してみるのがよいでしょう。

派遣のミカタなら教育訓練をサポート

いかがでしょうか。 派遣法改正ではキャリア形成支援が必須となりました。 教育訓練の段階(ステップ)をあらかじめ把握しておくことでスムーズに進行できるでしょう。 また、それらにはeラーニングによる教育が有効ですので、この機会にご相談してみてはいかがでしょうか。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング