派遣法

知らないと大変!派遣法改正が派遣会社に与える影響

2018-06-21

#派遣法 #法改正 #影響

知らないと大変!派遣法改正が派遣会社に与える影響

派遣法の改正がどう派遣事業に影響を与えるのか、今回はそれを解説していきましょう。

派遣法の改正がどう派遣事業に影響を与えるのか、今回はそれを解説していきましょう。

どのような法律なの?派遣法とは

1986年に、労働力の需要供給に基づく調整を図る為、労働派遣事業の適正な運用の確保と派遣労働者の保護等の観点から施行された法律です。

派遣法の改正によって何が変わる?

まず、いくつかの制度が追加されます。 

  1. キャリアアップ措置
  2. 労働者派遣の期間制限見直し
  3. 労働者派遣事業の許可制
  4. 均衡待遇推進
  5. 労働契約見込みみなし制度の実施

これらの追加により義務が増え、結果として派遣事業は以前に比べて制約が大きくなります。 その一方で、派遣事業は雇用安定化に向けた措置によって全体的にスキルアップが見込まれることになります。 一方では、2018年問題という改正法の影響による大量の雇止めや、特定派遣事業撤退に伴う企業解散などが懸念されています。

派遣法の改正が派遣会社に与える影響

派遣法の改正では、派遣会社の契約について派遣社員ごとに作成する書類「派遣元管理台帳」への記載内容が増えます。 これらには雇用安定措置や教育訓練の事項を記載することが義務付けられ、特に教育の面ではカリキュラムや計画をどのように実行したかなどを明確に記載しなければなりません。

また、派遣先管理台帳の記載事項にも「業務内での計画的なOJTの教育訓練や業務外の教育訓練」などといった事項を記載するようになります。」 合わせて、派遣労働者の雇用安定措置として派遣先の募集情報の提供も義務付けられます。

派遣法改正の内容に沿った会社運営を

いかがでしょうか。 派遣法改正によって派遣事業を営む企業は変革を迫られています。 一方でネット媒体(eラーニングサービス)などにより業務の合理化も十分図れますので、是非とも検討してみてはいかがですか?

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
playse web面接