派遣法

改正派遣法の内容を整理!必要な対策は?

2018-06-21

#派遣法 #法改正 #問題点

改正派遣法の内容を整理!必要な対策は?

2015年に改正された派遣法ですが、いったい何が変わったのでしょうか。今回は派遣法改正の概要と改正によって起こり得る問題や対策について解説していきます。

CONTENTS
1. ポイントを整理!改正派遣法の内容
2. 改正派遣法によって起こる問題も
3. 問題に対処するために!準備と対処法
4. 改正法の内容と起こり得る問題を知ろう

ポイントを整理!改正派遣法の内容

2015年に労働者派遣法が改正されました。 これにより、今後の派遣事業の運営形態が大きく変化する事となります。 改正法のポイントは大きく5つ。 まず、特定派遣が廃止され労働者派遣事業の許可制へ一本化されるという点。 そして、キャリアアップ措置、期間制限の見直し、均衡待遇の推進、申し込みみなし制度などが導入されます。

改正派遣法によって起こる問題も

起こり得る問題で最も大きいといわれているのが2018年問題です。 これは、雇用形態や契約期間に関する問題で、パートタイマーや派遣社員などの有期雇用契約者を対象とした2012年の労働契約法改正と、2015年の労働派遣法改正の影響により、多くの企業が様々な対応に追われます。 特に、教育訓練義務化によるコスト増加や、期間制限見直し、さらには特定派遣の廃止による撤退事業者の増加から、雇用契約への対応は深刻です。 よって、改正法施行の2018年からは大量の雇止めが発生し、失業者が発生したり、多くの企業が倒産・解散したりといった問題が出ることが予想されています。 これが2018年問題です。

問題に対処するために!準備と対処法

2018年問題に対処するにはどうしたらよいのか。 まず社員数、コスト、制度に合わせて改善が必要な個所などを含め、現状を把握しまとめる必要があります。これにより方針を定めていきましょう。 次に、無期契約や正社員採用などをおこなったり、待遇の説明や利用できるサービスを検討したりといった準備が必要となるでしょう。 教育訓練の環境整備やキャリアカウンセリングの設置も準備の1つです。 これらにはeラーニングサービスが適しており、委託することでサポートが受けられたり、サービスにより業務を短縮できます。

改正法の内容と起こり得る問題を知ろう

法改正で派遣労働は大きく変化し、今後も労働問題の観点から様々な対策が増えていくことでしょう。 今のうちから準備を進め、派遣社員を含めた意識改革と合理的な解決法を盛っておくとよいでしょう。 eラーニングではそれら改正派遣法の学習も可能ですので、是非この機会に導入してみてはいかかでしょうか。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング