派遣法

派遣企業への影響は?派遣法改正の内容と問題

2018-06-21

派遣企業への影響は?派遣法改正の内容と問題

2015年に派遣法が改正されましたが、派遣企業には実際どのような影響があるのでしょうか。今回は改正派遣法の内容と派遣企業と派遣先企業が知っておくべきことについて解説します。

派遣法改正の内容と派遣会社と派遣先企業が知っておくべきことについて解説します。

派遣法改正の内容について解説

2015年の派遣法改正では、特定派遣が廃止され労働者派遣事業の許可制へ一本化され、キャリアアップ措置、期間制限の見直し、均衡待遇の推進、申し込みみなし制度などが導入され、これらに焦点が当たります。

派遣元と派遣先会社が実施すべき措置

まず、派遣元企業が実施すべき措置として、 「派遣元管理台帳」の記載事項に「雇用安定措置」や「教育訓練」などが加わる為、これらの記載を行い、記録・管理することが義務となります。

また、教育訓練を定期的に行い、これらは全て労働の一環として行わなければなりません。 次に、派遣先企業が実質べき措置としては、業務内での計画的なOJTや派遣先での情報提供義務が加わります。

派遣法改正がもたらす!2018年問題

2018年問題とは、派遣社員として働くことへの期間制限が掛かる問題。 同時に、有期雇用から無期雇用への転換が必要になる事、直接雇用への推進が行われること。

ただ、これらによって大量の雇止めや、コストオーバーとなった企業が大量に倒産するという予想があがっており、これが問題となりうることです。 よって、今のうちから使える制度などを利用したり、コストダウンに努めたりといったことが必要となります。

派遣法改正の内容と問題を知ろう

いかがでしょうか。 派遣法改正によって派遣会社にどのような措置が求められ、どのような負担がかかるかは理解できたかと思いますが、同時にこれらは法律ですので避けられない事です。

よってこれらへの理解を深めるため、同時にコストダウンや教育訓練などの合理化を図るためにはeラーニングがオススメです。 是非ともeラーニングを導入してみませんか。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング