教育

学習管理を円滑に!LMSとは

2018-06-28

#LMS #eラーニング #教育 #研修

学習管理を円滑に!LMSとは

LMSとは学習管理システムの事で、eラーニングなどの実施に必要な学習教材の配信や学習状況、実績などを統合して管理するシステムを意味します。 これにより社内の様々なシステムに点在した物流情報の統合管理を行い、物流情報を統合的に管理することで情報の可視化を高め、『物流費削減』、『物流品質向上』に貢献することができます。 今回はそんなLMSの特徴とメリットなどをご紹介していきます。

CONTENTS
1. 学習管理をスムーズに!LMSでできること
2. LMSの効果や活用するメリットを知ろう
3. eラーニングで学習の管理を!

LMSとは学習管理システムの事で、eラーニングなどの実施に必要な学習教材の配信や学習状況、実績などを統合して管理するシステムを意味します。 これにより社内の様々なシステムに点在した物流情報の統合管理を行い、物流情報を統合的に管理することで情報の可視化を高め、『物流費削減』、『物流品質向上』に貢献することができます。 今回はそんなLMSの特徴とメリットなどをご紹介していきます。

学習管理をスムーズに!LMSでできること

LMSの特徴としては、パソコンのOSのような使い勝手でデータを統合管理できるという利便性です。 eラーニングは便利な学習方式ですが、情報収集やセキュリティ管理などが大変になってしまいます。 統合管理システムを導入しておけば、社員の成績や進歩状況などが一括で管理できるため、状況把握がしやすいという点。更には報告書にまとめやすいといったメリットがあるのです。 以前ではLMSを各自で立ち上げた際に互換性が失われ、データの共有や教材のやり取りが不可能となってしまうケースもみられましたが、SCORM規格によって互換性を維持したまま情報共有が可能となりました。 更には、SNS機能などと連動させ、コミュニケーションを苦手としていたeラーニングを改善させる等といった事も見られます。

LMSの効果や活用するメリットを知ろう

まず、状況把握が容易である事。 リアルタイムに進歩状況や学習内容が更新されるため、今後の方針が立てやすい。 また、結果確認も容易である為に苦手分野が把握しやすい…といった点が挙げられます。 また、教育担当者も自動集計されるデータを閲覧するだけで済むので、添削が不要となる。 集計結果から目標がわかりやすいので個別指導も容易である。 更にはデータが統合管理され記録されているので、それ以外の用途での情報活用も可能である等です。 その他としては、1から構築が不要なので工程やコストが削減できる。 更には視認性や操作性に優れ、運用やセキュリティも容易であるなどが挙げられます。

eラーニングで学習の管理を!

いかがでしょうか。 学習管理はeラーニングを導入するならば是非とも利用したい機能です。 統合管理によって人員削減もでき、容易な管理が実現できます。 一度検討してみてはいかがでしょうか。 ※エクセルの情報大幅に間違ってたのでこっちで修正しておきました。 LMS=物流管理(Logistics Management System)と学習管理(Learning Management System)の2つがありますが、どうも物流についての事と勘違いしているようでした。一度ご確認ください。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング