教育

派遣社員の教育に使える?eラーニングのメリットとデメリット

2018-09-27

#派遣 #社員 #教育 #研修 #eラーニング #メリット・デメリット

派遣社員の教育に使える?eラーニングのメリットとデメリット

今回は、派遣社員の教育に使えるeラーニングとはどのようなサービスなのか。 eラーニングのメリットとデメリットについてご紹介していきましょう。

どこでも勉強ができる!eラーニングとは

eラーニングとは、インターネットを通じて学習を行うシステムの事です。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどからでも学習可能で、非常に利便性に優れます。 社内で環境を構築する際にもいんたーねっとが使用可能な環境とパソコンなどの機材さえそろえば、すぐにでも始められます。

コツコツ続けられる!eラーニングのメリット

eラーニングのメリットとして挙げられるものとしては、 

  1. 時間と場所の制約がない
  2. 受講者の都合、理解度に合わせた学習が可能
  3. 教育の効果が講師の質に影響されにくい
  4. 緊急性の高い周知事項を、素早く徹底できる
  5. 受講者の理解度や進捗の管理が容易
  6. 受講者の1人ひとりに合った教育が可能
  7. 教材の印刷代や会場レンタル料、交通費などのコストがかかりにくい
  8. 成績などの成果が管理しやすい

などがあげられます。 特に、講師に左右されなかったり、コストカットが出来たり、更には報告書作成に必要な進歩状況などをまとめて管理できるのが非常に有効です。

悪い部分も… eラーニングのデメリット

一方ではこんな面もあります。 

  1. 受講者のモチベーションの持続が難しい
  2. 実技を伴う科目には向かない
  3. 適切な教材がないと効果が薄い
  4. 労働時間外での運用ができてしまう

などが挙げられます。 特に実技系が苦手であるため、実地研修と合わせて利用していくとよいでしょう。 また、モチベーションの維持についても、個人で勝手にやらせておくのではなく、集団として運用するようにすると解決できるでしょう。 時間外運用については労働法の問題です。あくまでも有給である必要があります。 適切な運用については合わせて利用することで補うことができます。

派遣社員の教育に!eラーニングは便利

いかがでしょうか。eラーニングのメリット・デメリットについて理解できたかと思います。 eラーニングは統合管理がしやすいという事業者にとってのメリットもありますので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング