採用

Indeedで採用を成功させるなら運用が大事!

2019-02-06

#Indeed #運用 #運用代行

Indeedで採用を成功させるなら運用が大事!

求職者に人気の高いIndeedを使って採用活動を行おうとしている担当者も増えているのではないでしょうか。 Indeedは無料で求人が掲載できるのが魅力ですが、正しく運用しないと思ったような成果が得られないこともあります。 今回は、Indeedで成果を出すためにどう運用すれば良いのか紹介します。

Indeedを利用するなら運用が大事

indeedを使って成果を出すには運用方法が重要です。

まず基礎知識として有料枠・無料枠の2プランがあります。

無料枠でも掲載期間なしで掲載できます。

ただし、無料枠は更新しないでいるとどんどん検索下位に落ちてしまうデメリットがあります。

よって、長期間掲載を続けるには更新など継続運営が必要となるでしょう。

急募の場合、優先順位を引き上げてマッチング率を上げたいという場合には有料枠を使う事をお勧めします。

有料・無料の違いについてはこちらの記事もご覧ください。

https://haken-no-mikata.com/3262/

Indeed運用のポイント

無料枠であれば更新して検索上位を目指すことが望ましいです。

また、無料枠は掲載期限がないことから長期的な募集や掲載に向いています。

有料枠なら「求人アナリティクス」を見て改善PDCAを回すことが効果を高めるポイントとなります。

更には掲載記事の内容で具体性と差別化を図るために、クローリング型記事で誘導していくのも1つの策です。

Indeedのクローリングについてはこちらの記事もご覧ください。

https://haken-no-mikata.com/3276/

運用を誤るとこんなリスクも

無料枠は有料枠の下に掲載されるので、更新しないことで掲載枠外になってしまうこともあります。

また、せっかく有料枠なのに「求人アナリティクス」の読み方や改善の仕方がわからないと最大効果を出せなかったり、

掲載内容の改善点などを見落としてしまう事に繋がります。

運用を代行してもらうのもあり

そこでおすすめなのが代行運用です。 長期運用には更新作業が必要ですが、難しい場合は運用代行業者に依頼するのもアリです。

多くの場合、採用サイト制作だけでなく運用までサポートしてくれる事が多く、有料枠を自社で運用するのとほぼ変わらない費用で運用してもらえるのがポイント。

求人アナリティクスの分析ができる為、自社で運用するより効果が出やすくなります。

他にも、自社ホームページの採用情報へリンクさせる方法(クローニング)も取れるので、失敗しない為には代行運用を活用してみましょう。

運用代行を依頼するときの注意点

但し注意点として2点だけ…

  • Indeed運用の実績のある業者を選ぶ
  • 相談しやすい業者を選ぶ

というのに気を付けたほうが良いと思います。

特に2つ目に相談しやすい業者というのは非常に大事で、打ち合わせしながら自社に合った掲載内容や運用方法に持っていくことが、マッチング率の高さを導き出します。

+αとしては、サイトの代行制作なども請負って、Indeedと自社サイトの両方からのアプローチを望めるといった事も望ましいでしょう。

Indeedは代行でうまく運用していこう!

Indeedで効率よく求人するには、広告を出しっぱなしではなく、常に運用していくことが大切となります。

分からない場合は、専門知識のある業者に運用代行を利用することも一つの方法です。

失敗しない採用を目指すために、使えそうなものは色々使い、効果の高い求人を目指していきましょう。

派遣のミカタでは、Indeedの利用に関しての無料診断を行っております。

御社の現状の採用状況を弊社のコンサルタントが分析し、最適な採用戦略をご提案いたします。

興味がある方は是非一度お問合せください。

https://recruitment.haken-no-mikata.com

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング