採用

初心者必見!効果的な採用サイトを制作するコツを伝授!

2019-03-24

#採用サイト #制作

初心者必見!効果的な採用サイトを制作するコツを伝授!

採用サイトのクオリティによって求職者が応募してきてくれる数は変わると言っても過言ではありません。質と集客は比例すると言ってよいでしょう。今回は、効果的な採用サイトを作るうえでのポイントについて解説していきます。

求職者が採用サイトに対して求めているものって一体?

求職者が採用サイトに求めているもの、まずは企業が伝えたいメッセージが伝わることです。多くの求人から自社を選択させるには、一貫した理念であったりメッセージが重要。それに共感した求職者からのエントリーによってミスマッチが減ります。

次に、見やすさ・わかりやすさがあること。複雑で面倒なサイトはストレスとなります。顧客の選択肢を減らすことが高い利益を生み出すように、求職者の選択肢を減らすほうがダイレクトに伝わります。その為に、サイトのコンテンツは整理してわかりやすさを重視すべきなのです。

最後に、自分の将来のビジョンがイメージできること。求職サイトは自分の将来を考えて未来を決める判断材料です。その判断材料を元に将来像を描けるかが重要です。イメージが描ければエントリーに繋がります。

採用サイトの制作をプロの業者に依頼するメリットとは?

求職者に対してのマッチング率を上げるには質の高いサイトが必要です。では、質の高いサイトを作る為に、採用サイト制作を業者に依頼するメリットとしては何があるでしょうか。

①応募促進効果が高まる

求人募集広告は今や競合だらけです。完全な売り手市場と化したことで、応募不振が絶えません。よって、自社に呼び込むことは絶対条件。その為には、決定打となる採用サイトが必要になります。

 

②自社の魅力を十分にアピールできる

求人広告や多くのサイトでは、文字数制限であったり、掲載規定であったりと制限が強くなります。その為、自社の最大のアピールが出来ずに、ミスマッチが起こり得ます。しかし、採用サイトであれば、文字数であったり写真の制限がない、または少ないのでアピールポイントが増えます。よってミスマッチも減るわけです。

 

③早期離職の防止・軽減に繋がる

求人募集のほとんどは売り文句しか書かない、または良い事をピックアップして記載しています。それらを見て判断した求職者は、そのままのイメージで入社しますが、実際は違っていたというようなミスマッチを起こしかねません。しかし、第三者の判断を介せば、ある程度厳しい部分も記載するといったことがあるかもしれません。逆にそれがリアリティを生み、同時に理想と現実の差を減らす効果に繋がり、ミスマッチが減ります。

採用サイトを業者に制作してもらう場合の料金相場はいくら?

採用サイトを業者に制作依頼をする場合の料金相場は大体以下の通りです。

サイトの規模、情報量などによって異なりますが、大よその値段は「1ページ10万円程度」が相場だと考えて良いでしょう。当然、コンテンツが充実したものだと総費用として200~300万円程度。サイトに演出などを入れれば余計にかかってきます。スマホ対応サイトにするとなると更に1.5倍ほどになることもあります。

ですが自社サイトは今や看板です。徹底して作っておきたいところです。結論として、具体的な費用は制作する業者によって異なってくといえますが、上記の平均相場は理解しておきましょう。

効果のある採用サイトを制作するために!業者の選定基準は?

効果的な採用サイトを制作してもらうための業者の選び方としては以下のようなポイントが挙げられます。

まず、制作実績が豊富な業者を選ぶことです。実績があるという事はアクセス数を増やす等の何かしらの結果を出せる事です。当然実績があるので締め切りであったり、要望も事細かにくみ取ってくれるでしょう。

また、料金プランが明確な業者を選ぶことです。確かに腕が良くなれば料金は高くなりますが、その中でも料金形態を明確にしている方が信用しやすく、同時に予算確保がしやすくなります。

コストパフォーマンス(費用対効果)が高い業者を優先して選ぶことが大切です。他にも、サポートが充実した業者であったり、ヒアリングをきちんと行ってくれる業者を選ぶ事も大切。結果を出すには入念な打ち合わせが大切なので、この辺りのコミュニケーションは非常に重要になってきます。

業者に採用サイトの制作を依頼する際に気を付けるべき注意点

但し、業者に採用サイトの制作依頼をする際に注意点もあります

まず、すべて業者任せにはしない事です。あくまで自社の顔、看板となるサイトなわけですから、担当者が最後までヒアリングを行うようにすること。

また、採用サイトの方向性を社内側で統一しておく事も大切です。意見が一致しなければ後からもう一度作り直したり、修正を何度も出して余計にコストがかかってしまいます。

よって、業者に対しては下請けではなく、パートナーとして接する事が大切です。良いサイトを作る為には、ただ依頼するのではなく、自社の希望やこだわりを伝えてよく相談し合うことが重要と言えるでしょう。

他にも、見積書やプロジェクト体制図をくまなくチェックし、無駄な工程・コストをかけていないかを確認する事も大切です。

良い採用サイトが作れるような対策をきちんとしていこう!

良い採用サイトを制作するには、業者選びも大切ですが、依頼する業者との接し方も重要となります。結果を出せるサイト作りのためにヒアリングは最後まで行いましょう。同時に、予算と見合ったコストを選択することも大切で、そのためには相場も理解しておくと良いでしょう。納得のいく採用サイトができあがるようにしっかりと対策していきましょう。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング