採用

スカウトメールには何を書けば良い?書き方や送り方のコツとは?

2019-04-22

#求人 #スカウトメール #求職者 #採用

スカウトメールには何を書けば良い?書き方や送り方のコツとは?

スカウトメールとはWeb上に求職者があらかじめ登録した経歴を見て、直接声をかけるメールのことを指します。今回は求職者募集に欠かせないスカウトメールの書き方について解説していきます。

そもそもスカウトメールとはどんなメールのことを指すのか

そもそもスカウトメールとは何なのか。
スカウトメールとはWeb上に求職者が予め登録した経歴を見て、応募して欲しいと思った相手に対して直接声をかけるメールのこと。オファーメール・ダイレクトスカウト・関心お知らせメールなど、利用する媒体によって呼び名は異なってきます。人事担当者などが職務経歴、スキル、資格、応募地域などを考慮しながら求職者に対してアプローチしていきます。

プロ野球のドラフトを思い浮かべていただけると分かりやすいのではないでしょうか。能力を持った人にコチラから声をかけることで、どの球団に行くかを選ばせることができますし、何より求職者自身も自信に繋がるので、声をかけた企業に行ってみたいという意欲に繋がります。担当者はドラフト指名したい選手を探すスカウトマンのように、求職者にアプローチをかけてみましょう!

スカウトメールを作成する際に盛り込むべき基本的な内容とは?

スカウトメールを作成する際の内容としては…

  • 件名
  • 内容
  • 自社の紹介
  • やってもらいたい仕事
  • 入社するメリット
  • 求職者に取って欲しいアクション

…等が基礎的なテンプレートとなっています。
更に、中途採用者や経験者に伝えるべき内容としては、

  • 給与について
  • 今後のスキルアップについて
  • 前職の経験がどのように活かされるのか

等について記載すると、企業の望む具体性が見えてくるので、より就職後のイメージをしやすくなります。
昨今では終身雇用は幻想と化しましたその為、これらスカウトはこれから社会に出る若者以外の、中堅、ベテラン社会人にも通用します。年齢を限定せず、アプローチを書けることがこれからの求人で大切になってくるでしょう。

要注意!求職者に嫌われるスカウトメールの送り方って一体?

一方で、求職者から嫌われるスカウトメールの特徴があります。


①あからさまな定型文のメール
定型文過ぎる文章は、迷惑メール認定されるようなメルマガに近い印象を与えてしまいます。何より独自性がないので、会社の良い将来像をイメージし辛くなります。細分化・多様化された21世紀では、特に気を付けたいポイントです。

②会社自慢に受け取れるメール
社長の人物像や企業の歴史などを語るのはスカウトメールの段階では早いと思います。まず、会社の業務や給与、内情などが知って、興味を持たせることの方が先。求職者にとって歴史や社長のプロフィールは知る必要のない情報です。何が必要なのかを理解して送らないと、迷惑メールになってしまいますので注意しましょう。

③専門用語がやたら多いメール
専門用語が多すぎても伝わりません。スカウトメールは人を呼び込むためにあるモノなので、顧客に商品を紹介するように丁寧且つ簡潔にまとめましょう。

④日本語がおかしいメール
日本語がおかしいと読みづらいだけでなく、雑な印象を与えてしまいます。ブログと違ってダイレクトに送り付けるわけですから、メール執筆時には特に注意しましょう。

⑤メルマガの様に数がやたらと多い
大量に送られてきても困ってしまうどころか、セールスのように感じてしまいます。通販サイトなどのメルマガは認知度や広告の立ち位置で運用されますが、スカウトメールの目的は求人ですので、送り過ぎるといった事には注意が必要です。

求職者が目を惹くようなスカウトメールを書くコツって何?

ではどのようにして書くのがよいのか。
そんな時は下記のルールに沿って執筆してみると良いでしょう。

  • 採用ターゲットを明確にする(ターゲットを絞り込まないとダラダラとした文章になりがち。)
  • 件名は25~30文字程度にする(長過ぎず、短すぎない長さ)
  • 件名には目に留まるようなキャッチコピーを使う(メールの大半はタイトルで判断されます。よって、タイトルはキャッチコピーと思って使いましょう)
  • 本文では要件を簡潔に伝える(長すぎると伝わりませんし、重要な部分が読み飛ばされてしまいます。読みやすさを重視し、伝えることを第一に考えましょう。)
  • 将来像をイメージさせるような内容にする(実際の会社の内情などを盛り込むとイメージがしやすいですね。)
  • 中途・経験者に対しては経歴と求人を結びつけるようなストーリーを明確化する

求職者が興味や関心を抱くようなスカウトメールを作成しよう!

採用したいと思えるような求職者が見つかったなら、そのターゲットに合わせたスカウトメールを作成するのがコツ。書き方に気を付けつつ、コツに沿って効果的なスカウトメールを送りましょう。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング