採用

応募者を増やすために!効果的な求人原稿の作り方のポイント

2019-04-25

#求人 #求人原稿

応募者を増やすために!効果的な求人原稿の作り方のポイント

求人倍率が高い現状は売り手市場と呼ばれ、どこも競争率が高くなっています。具体的で差別化を図れる求人原稿を作成することが必要です。今回は応募が増える求人原稿を作るポイントを解説していきます。

人事担当者が求人原稿を作成するのは何のため?主な目的は?

求人倍率が高い現状は売り手市場と呼ばれ、どこも競争率が高くなっています。自社に求職者を呼び込むためには、より多くの応募者の興味を惹くためのアピールポイントが当然必要になってくるわけです。特に競合他社との差別化を図り、何が違うのか、ウチでは何をするのかといった事を明確に示しておく必要があります。より具体性をもち、なおかつ差別化を図ることがマッチング率を高め、優秀な人材を確保するために必要になるポイントとなります。

求人原稿にはどのような内容を盛り込めば良いものなのか?

では、その"求人原稿"に盛り込むべき内容としては何があるのでしょうか。内容のテンプレートとしては下記のようなものがあります。

  • 会社概要
  • 応募要項(募集職種・業務内容・給与・雇用形態・勤務地・勤務時間・休日・休暇・福利厚生)
  • 求める人物像について
  • 選考スケジュール
  • 会社からのメッセージ

但し、注意点としては法律上明記されている禁止事項を守る事も重要です。性別を限定したり、年齢制限を設けてはいけません。

応募者が増える!効果的な求人原稿の作り方ってどういうもの?

効果的な求人原稿の作り方のポイントとしては、ターゲットを明確化する事が大切。どんな人材が欲しいかをイメージできなければ、自社の求める人材を呼び込む事は難しくなります。
ターゲートは抽象的でアバウトな内容ではなく、「我が社はこういう人が欲しい」「こういうスキルが欲しい」というのを具体的に示しましょう。
また、競合他社と差別化し、違いを明確にする事も大切。内容の差別化は求人だけでなく、会社経営方針にも関わる重要なポイントですので、自社が他と比べて何が違い、何に優れているかを明確に示しましょう。

他にもキャッチコピーを作る際には、伝えたい要素を簡潔にまとめること。また、原稿作成をした後は成果を踏まえ、内容の検証。必要に応じて改変していくことも重要となります。ですが、全てに共通するのは具体的な情報を記載するという点。業務内容や職場の雰囲気など、自社が掲載するあらゆる情報に対して具体性を持たせましょう。

人事担当者は要注意!求人原稿作成時によくあるミスとは?

求人原稿作成前に、やってしまいがちな気を付けたいポイントをチェックしておきましょう。
・キャッチコピーにこだわり過ぎて、言葉遊びになってしまう
拘るのは良いことですが、大切なのは簡潔に自社をアピールする事です。まずはシンプルに自社の売りを1つだけ抜き出して作るなど、とにかくシンプルさを求めましょう。余韻を持たせたい場合は、その後にひと手間加えていくと失敗が減ります。また、キャッチコピーに失敗したくないという場合には専門のコピーライターに任せるという手もあります。

・情報を詰め込み過ぎて何を伝えたいのかがわからなくなってしまう
具体性を求めるあまり、全てを書きすぎて分かりづらくなるのも問題です。これも、アピールポイントを数点に絞り込んで簡潔に記載しましょう。

・背景、理由などがなく、記載されていることに対しての裏付けがない
どこかで拾ってきたかのような売り文句は、説得力がありません。必ず自社独自の理由付けを行い、なるべく自分たちの言葉でアピールポイントを示しましょう。

・良いことばかりを書き、真実味がなくなってしまう
良い事しか書かないのも逆に不自然さを生んでしまいます。1つ2つぐらいは自社に失敗談や、実際の社員からヒアリングを通しての感想等なども織り交ぜると説得力が増します。確かにアピールは大切ですが、偏り過ぎるとテレビショッピングのようなセールスっぽさが出てしまいます。あくまでも求人という名目で作成する原稿なので、求職者が求めている情報をピックアップして記載しましょう。

・情報量が極端に少ない
簡素にするあまり、情報が少なすぎることも問題です。シンプルさを求めながらも、書くところは書き、余分なところは省略するという手法で記載していきましょう。

企業や業務の魅力を伝えて応募したくなるような求人原稿を作ろう

求人原稿ではターゲットを明確にしつつ、企業や業務の魅力を効果的に伝えるのがポイント。シンプルかつ具体性を帯びた記事を作成し、求職者が応募したくなるような求人原稿を作ってみましょう。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング