採用

採用マーケティングってどういうもの?具体的な手法やメリットは?

2019-05-08

#マーケティング #求人 #採用

採用マーケティングってどういうもの?具体的な手法やメリットは?

少数精鋭であったり、ベンチャー企業、専門職の現場で特に有効活用できる手法です。 今回はこれらについて解説していきます。

そもそも採用マーケティングって何?どういう活動を指すの?

採用マーケティングとは、企業への理解を深め、魅力的に感じてもらうための活動を指します。人材採用の取り組みにマーケティング手法を取り入れ、効率的な人材確保と求職者のニーズを把握し、ニーズに合致したコンテンツを提供するのが採用マーケティングの目的です。ターゲットを定めることで、優秀な人材を呼び込みやすくなります。少数精鋭であったり、ベンチャー企業、専門職の現場で特に有効活用できる手法です。

採用マーケティングを積極的に取り入れるべきなのはなぜなのか

採用マーケティングを取り入れるべき理由としては、採用競争が激化しているためです。近年は終身雇用が一般的ではなくなり、人材市場が流動的になってきており、売り手市場と言われています。また、少子化によって、若い世代が年々減っており、会社数に対しての新卒者数は減少していきます。そんな売り手市場では、企業としても人材確保が難しくなってきています。

また、働き方改革による影響で多種多様な働き方や価値観が生まれているため、転職や中途採用が当たり前となりました。新卒枠を利用しないで自由に社会活動することも増えてきています。よって、より一層採用マーケティングの需要は高まるとみて良いでしょう。

採用マーケティングで人材を確保することで得られるメリット

採用マーケティングを実施するメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • マッチング度が高い人材の獲得ができる

採用マーケティングの内容にもよりますが、ターゲットを絞り込んだ上でのダイレクトリクルーティングやオウンドメディアを活用することで、具体的な対策が可能となるので、マッチング率が上がります。

・長期的に安定した人材を確保できる
採用活動がしやすい状態を作るなら、会社の認知度を上げていくことが重要。会社に対しての親近感を与えることが、マッチング率向上に繋がります。

  • 工夫次第でコストの削減も可能

自社で情報発信をするなど、SNSの活用などで積極的に自社の情報を発信するといった活動など、コストを抑えながらも結果を求めていく手法が多く考えられます。労力はかかりますが、自社でノウハウが蓄積できれば、以後の対策が容易になるので、効果は絶大です。

採用マーケティングを行うための手法やそれぞれのメリット

まず自社を分析する事が重要となります。自社のカラー、ウィークポイントを見つけられるかが、他者との比較や差別化といった内容を盛り込む際に重要になってきます。また、実際に社員にヒアリングして、統計データを取るのも重要となるでしょう。次にターゲットを明確化する事。昨今の求人ニーズを考えるならば、「頑張れる人」や「アットホームな職場」など抽象的な表現を使う企業はむしろ敬遠されてしまいます。

よって、方針から業務内容、今必要とするスキルまで具体性を持たせることで、漠然とした内容から必須条件を割り出すことが出来ます。また、どんな業務を任せたいか、入社後はどんな人材になって欲しいのかが明確になるので、マッチング率は高まります。

  • 明確化したターゲットに合わせてアプローチの方法を決定

応募者と企業が求める人材がマッチングしやすくなります。例えば入社後1年間の流れなどを、WEBページで記載したり、現在の労働環境を記載、社員ブログを付けて内情を出来る限りオープンにしたりと、透明性を持たせることで未来像を意識させやすくできます。

人材確保のために!採用マーケティングを実施してみよう!

採用マーケティングを実施することによって、より効果的に優秀な人材を確保しやすくなります。人材確保のために工夫した活動を行っていないのであれば、採用マーケティングを取り入れていきましょう。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
playse web面接