採用

効果的に人材確保をするなら!採用のためにWeb広告を使うべき理由

2019-05-08

#Indeed #採用 #求人広告

効果的に人材確保をするなら!採用のためにWeb広告を使うべき理由

昨今最も効果を発揮する手段として、WEBでの広告を使う事が増えています。 今回はこれらについて解説していきます。

人材を確保するためにWeb広告を使う理由や背景とは一体?


今や慢性的な人材不足となり、その人材も少子化と売り手市場によって採用競争が激化の一途を辿っています。そんな中でWEBマーケティングを実施する企業が増えているため、ネットを通じて求人を探す求職者が多くなっています。

よって、昨今最も効果を発揮する手段として、WEBでの広告を使う事が増えています。更に、業界全体が採用WEBマーケティングの支援が活発になっているため、WEBを使う利点はますます増えていると言えるでしょう。

企業がWEB広告を使って求人募集をするメリットって何?

WEB広告を使って求人募集をする最大のメリットは認知度の向上です。手軽に広告掲載しやすいネットでは、Webで多くの人に求人情報を知ってもらえる機会を増やすことができ、結果的に認知度があがります。
また、情報収集をしている転職潜在層へのアピールにも繋がります。WEB広告は運用が用意なので、広告主の都合でWeb広告の配信ができる手軽さと、自社サイトへの誘導がやりやすく、コンテンツと合わせて掲載しやすいといったメリットもあります。利用者も若年層になるほど増える傾向にあるので、新卒者や中途採用の場でもチャンスは増えます。

Web広告を利用する場合におすすめなのはIndeed!

  • 特徴

Indeedは求人情報に特化している検索エンジンで、世界規模で展開されています。登録者が非常に多く、認知度も高くなっています。現在Googleなどで転職関連のワードを検索すると、ほぼ必ず上位に食い込むほどの表示優先度を持ちます。求職者は親和性の高い求人情報の検索結果を表示できるので、求人雑誌や一般的な求人サイトに比べてマッチング率が高くなります。

  • おすすめする理由

上記でも触れましたが、認知度がとにかく高いサイトです。Indeedのユーザーは月間約1000万人以上のユーザーがいるので、下手に有料掲載サイトを使うよりも効果が高くなります。しかも、無料でも利用可能というメリットもあるので、小企業でも掲載しやすくなっています。昨今は職種の細分化で小さな企業も増えているので、そういったチャンスも高くなります。

当然、有料で利用すれば表示優先度は高く設定されますし、クリックによる従量課金制なのでコストの心配が少なく済みます。掲載内容から自社ホームページに飛ばすことが出来るので、自社で用意したコンテンツを閲覧させてより透明性のある情報を提供する…といった活用もできるメリットもあります。

Indeedに自社のweb広告を掲載する方法って一体?

ではここからはIndeedに記事を掲載する方法について解説していきます。掲載までの流れは非常にシンプルです。

  1. Indeedに登録します。(用途に合わせて無料枠、有料枠を選択しましょう)
  2. クローリングされるWebページの作成をする(自社の応募ページなどを用意しましょう)
  3. Indeedに直接投稿し、Webページを作成する(求人情報に関する記事を作成しましょう)
  4. 求人サイトに出稿する(但し、Indeedの掲載条件が設けられています。応募する際に課金がない、1求人につき1職種名にするなどの掲載条件を守って出港しましょう)

優秀な人材を確保したいならweb広告を積極的に使おう

Indeedは認知度が非常に高い求人検索サイトです。優秀な人材を確保したい、確実に人材を確保したいということであれば、Web広告を利用することで応募者数を増やしていきましょう。

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
人財採用マーケティング