サービス事例

【事例】人を中心とした企業経営を目指し、eラーニングシステムを導入(Yi株式会社様)

2019-09-02

#事例 #eラーニング #教育訓練 #派遣のミカタ eラーニング

【事例】人を中心とした企業経営を目指し、eラーニングシステムを導入(Yi株式会社様)

会社紹介

Yi株式会社様はシステムのコンサルと開発全般を行なうIT企業です。社内での受託開発だけでなく、顧客先の常駐形式での開発も行なっており、客先と派遣契約を結んでいる社員様がいらっしゃいます。社員様ひとりひとりの人柄や対面でのコミュニケーションを特に重視し、人を中心とした企業運営を目指している同社が、「派遣のミカタeラーニング」をどういったきっかけで導入し、どのように活用しているのか。今回は代表取締役の村瀬宏将様と営業部マネージャーの新垣貴弘様、大友良公様にお話を伺いました。

派遣のミカタeラーニング導入背景

eラーニングを探そうと思ったきっかけはやはり派遣法改正でしょうか。

派遣法対策というよりも、福利厚生の一環として、社員への学習機会を提供したいと考えており、かねてからeラーニングの導入を検討していました。もちろん派遣契約を結んだスタッフに対するキャリアアップ教育訓練の義務化は、eラーニングを探すことへの後押しになっていましたが、どちらかというと、場所や時間にとらわれず、社員がスキルアップできる場を提供したいと思っていたことがeラーニングを探すきっかけです。

派遣のミカタeラーニングを知ったきっかけを教えてください。

ネット経由だと思います。いくつかのeラーニングサービスを比較検討してから導入したいと考えていたので、検索した際に、貴社の「派遣のミカタeラーニング」を見つけて、お問合せをしたという形ですね。

派遣のミカタeラーニングの導入の決め手を教えてください。

担当者の方とお話した際に、派遣業に関する知見が深く、こちらの要望についても迅速かつ親身になってご対応いただけたのが印象的で、ITに特化した競合の教育サービスも検討していましたが、「派遣のミカタeラーニング」一択だなと感じたため、導入することになりました。

サービス利用開始する上で、学習カリキュラムの作成をサポートさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

派遣法に対応できる学習カリキュラムを作るための知見を持っていなかったので、カリキュラムの作成サポートを利用させていただきました。やはり多くの企業に対して、カリキュラム作成をサポートされているmanebiさんのアドバイスはすごく大きく、法律に基づいたカリキュラムをきちん作成することができました。

活用してみた感想や具体的な活用方法について

実際に利用してみて感じた派遣のミカタeラーニングの良かった点を教えてください。

スマートフォンでの学習に対応している点が大きな魅力ですね。当社では客先に常駐している社員も多く、なかなか研修の時間を作ることが難しいのですが、自宅や休憩時間にも学習が進められるということで現場からも好評を得ています。

自宅でも学習できるようにしている話がありましたが、eラーニングを活用する上でのルールを教えてください。

社労士の方のアドバイスをもらい、試行錯誤しながらですが、社員が土日や自宅でeラーニングを視聴したとしても勤務時間に付けて申告してもらったりなどのルールはきちんと設けています。最初土日は見れないような設定を設けていたのですが、社員からそれだと見ないという非難がごうごうで。今はその制限はなくすようにしています。

営業のお2人は実際にeラーニングを活用いただいているとのことですが、いかがですか?

営業職としては、改めてeラーニングを使って学んでみると、長いことやっているぶん営業に関して盲目的になっている部分や感覚でやってしまっている部分に気付くきっかけになっていると感じています。教材によっては設問が用意されているので、解いて間違えたりすると、改めて勉強し直さなければと思えて、結果として営業に対する意識の改革にも繋がったと思います。(新垣様、大友様)

現在利用されている中で、特にスタッフ様に好評な教材はありますか?

「もし坂本龍馬が経営者だったら〜能力を最大限にリードマネジメント〜」という教材がすごく評判が良いですね。特にベテランのスタッフはeラーニングには懐疑的なのではと思っていたのですが、 「あれすごい面白かったですよー」って言ってもらえて。こういう面白い教材がもっとあると良いなと思います。

派遣のミカタに今後期待することがあれば教えてください。

AIやブロックチェーンといった専門的なIT教材やスタッフ全員で議論ができるような教材を扱ってもらえることを期待しています。数学や心理学、脳神経科学などがあっても、スタッフの学習意欲を刺激できる気がするので、そういった汎用的なコンテンツがあってもいいかなと感じています。

また、たくさんの教材が用意されているのに、受講者の適正や興味に合わせた教材をすぐに見つけられないので、もったいないなという気がします。

そういった面で「教材のレコメンド機能」が実装されると、キャリアアップ教育だけでなく個人の新たな学びに繋がるのではと思います。

会社名

Yi株式会社

ロゴ

Yi株式会社ロゴ

導入時期

2018年3月

事業内容

労働者派遣事業

システム開発およびコンサルティング

業種

IT全般

URL

https://yi-inc.co.jp/index.html

業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!
教育コストを削減するなら
playse web面接