教育

人材派遣の教育訓練はどう進める?

2018-06-21

#派遣 #教育訓練 #義務 #背景

人材派遣の教育訓練はどう進める?

派遣事業を運営するにあたって義務となっている派遣社員に対する教育訓練ですが、 今回はその義務化された背景について解説していきます。

>>教育コストを大幅削減する方法 - 派遣のミカタeラーニング

派遣事業を運営するにあたって教育訓練が必要ですが、 今回はその人材派遣で義務化された教育訓練の意図などについてご紹介していきましょう。

派遣法改正の意図とは

派遣法改正は2015年9月30日に施行されました。 これにより、派遣会社は労働者派遣事業には安定的な雇用実現を目的としたキャリアアップを充実させることが求められます。 この法改正は、厚生省によると非正規と正規雇用の労働者間の待遇差を減らし、派遣元企業の義務とすることで派遣先・派遣元両者の不均衡ができる限り生じないようにするという意図があります。

キャリア形成を支援する教育が鍵

キャリア形成を支援するための教育として何が必要なのでしょうか。 キャリア形成教育には、教育計画の立案やカリキュラムの設定、更には労働者の個々のスキルや能力の把握が必要不可欠となります。また、キャリアコンサルティングの実施などで将来性を見据えた教育が重要となります。

教育訓練の導入ステップを解説

教育訓練の導入方法には集合研修、OTJ、eラーニングの3つがあります。 集合研修とOTJについては従来の方式ですので説明は省略して、eラーニングの導入方法だけ解説していきます。

eラーニングサービスを導入した場合、受講者のデータを集積する為のクラウド管理システムなどが必要となります。また、eラーニングで教育訓練を進める場合にもカリキュラムの作成が必要となります。 これらはeラーニングと並行してサービスを受けられる会社もありますので、そういったeラーニングサービスを導入してみるのがよいでしょう。

キャリアアップ支援におすすめのeラーニングサービス

1,000社以上の導入実績を持つ「派遣のミカタ eラーニング」は、派遣法改正により義務化された派遣スタッフのキャリアアップ教育を丸ごと効率化する、派遣業界特化のeラーニングサービスです。
様々な業種に対応する約20種類の教育カリキュラムと、2,000を超える多様な学習コンテンツが搭載されているので、eラーニング導入時に負担となる、カリキュラムの作成や教材の制作なども必要ありません。
受講者と学習データの管理、事業報告用の実績算出もラクラクなので、難しい操作や設定もなく簡単にeラーニングを導入・運用することができます。

また、派遣法改正やトレンドに合わせてほぼ毎月コンテンツを更新しているため、在職期間の長い従業員の教育や派遣社員以外の社員教育にもご活用いただけます。キャリアアップ教育に必要な機能がすべて揃って、月額費用はわずか19,800円〜!

>>教育コストを大幅削減!「派遣のミカタeラーニング」を詳しく見る

教育訓練は派遣のミカタで全て解決! 資料をダウンロードする ▸
業界最多実績・最安値の派遣のミカタで、
教育訓練や労働局対策、スタッフの採用をサポートします!