派遣業界情報

派遣の人材を活用!マネジメントが鍵

派遣の人材を活用!マネジメントが鍵
Pocket

今回は、派遣で人材活用をするために、派遣先・派遣元が気を付けるべきポイントをご紹介。

まずはおさらい!労働者派遣法の内容

1986年に労働者派遣法が施行されて以降、法改正が繰り返されています。
そして2012年、2015年にも立て続けに法改正が行われました。
昨今問題となる時代錯誤の重労働とそれらに付随する社会問題の数々に対処する為、また不安定というイメージを持ちながらも正社員との待遇差を改善すべく方針で法改正が施行されました。

派遣の歴史についての詳細はこちら

派遣スタッフを活用するメリット

まず派遣スタッフを活用するメリットとは何なのでしょうか。
まず第一に、派遣先企業には雇用の義務が生じないという点。
次に、募集の手間が省け、即戦力を即配置できるという即効性があるという点。
更には人件費が正社員よりも安価であり、社員教育も派遣会社の責任で行われるため、会社のコストダウンを図れるという点があります。

しかし、時代の流れでリモートワークが現実化した今、これらは外注の企業やフリーランス、自営業にとってかわられつつあり、立ち位置の中途半端な派遣事業は若干苦しい立場にあるのが今までの現状だったのではないでしょうか。
ただし、法改正により雇用の安定化やスキルアップが行われるためにこれらは改善傾向にあり、むしろ労働環境改善などによる事業縮小を図る企業も出てきていることから、今後需要は高まるでしょう。

派遣先会社が人材を活用するために

では派遣先企業が派遣社員を活用する為にはどうすればよいでしょうか。
これらには要員計画の立案が不可欠となります。
要員計画とは、企業が効率よく経営活動を行うために、企業全体及び職場・部署・業務別に、どのような人材がどの程度必要なのかを定める計画のことです。

また、これらの為に要員調査が必要であり、これにより社内全体の情報を把握、何が足りていて何が足りていないかをきちんと理解したうえで計画を立てていく必要があるでしょう。

人材をきちんと育成する!

いかがでしょうか。
派遣はスムーズさにおいてまだまだ需要は大きくなる職種です。
これらの管理や教育にはeラーニングが有効であり、今後ますます注目されていきます。
是非とも会社のコストカットと合理性の為に導入してみてはいかがでしょうか。