派遣業界情報

派遣社員への研修!教育訓練計画の役割

派遣社員への研修!教育訓練計画の役割
Pocket

教育訓練計画って何?

教育訓練計画とはキャリアアップ措置に対しての計画の事です。
主に派遣元となる各企業が雇用する派遣労働者に対して、キャリアアップのための教育訓練を施すための計画を差します。
近年、派遣業界で教育訓練に対するカリキュラム作成など計画の策定が重要視されるようになったことにより行われます。
この背景には、2015年に施行された労働者派遣法が改正されたことによります。

改正労働者派遣法では、派遣元が派遣労働者に対してキャリアアップ支援することを義務化されており、その為に最低限決められた期間と範囲の教育訓練を行わなければならないのです。
派遣会社はそれぞれ独自の教育を行いますが、一方で教育訓練の内容に困っていることもあり、eラーニングなどの活用が推奨されています。

教育訓練計画書を作る前の準備

教育訓練計画書を作る前の準備として、現状把握をする必要があります。
個々のスキルや求める改善点などを把握し、それにより方針を決定します。
その後、目的の明文化を行い、訓練計画の策定していきましょう。

教育訓練計画に沿ったプログラムを

派遣会社は、彼らの意見や希望を参考にしながら、適切なサポートをしていく必要もあります。
これによって決まった方針を元に教材を選択したりしていきましょう。

eラーニングであるならば、豊富な教材から選択することができ、一般事務から介護まで幅広く扱うことができ、尚且つ資格取得にも役立ちます。
特に特定派遣が廃止され、専門職限定の派遣事業がなくなる為、オールラウンドに活躍できる人材を育成する為、eラーニングによる幅広い学習サポートを行う事で人材を確保できるかもしれません。

派遣社員のキャリアアップを支える教育

いかがでしょうか。
派遣会社への研修は計画的に行うのが重要です。
また、最低限満たせばいい基準はあるものの、スキルアップは会社の利益や生産性にも直結していきますので、これからの派遣事業運営ではスキルアップは重要視していきましょう。
eラーニングの導入でこれらを進めてみませんか?
また、クラウド管理サービスなどで一括で成果を把握することもできますので、合わせて導入してみてはいかがでしょうか。