03-6265-6008 (受付時間 9:00~18:00土日祝日を除く)

特定派遣から一般派遣への移行をお考えの派遣企業様

そのお悩み、「派遣のミカタ☆」が解決します!

Needs1 一般派遣への移行に関してまだ調べていない。
Needs2 教育計画の作成をどうすればいいか分からない。
Needs3 段階的かつ体系的教育訓練とは何か?どう実施すればいいか分からない。
移行に関する資料をダウンロード

派遣法改正による義務化

 派遣法の改正により全ての派遣業を営む会社は一般派遣免許の取得が必須となりました。 その為、2018年9月30日までに一般派遣免許申請の手続きを行う必要があります。 特定派遣から一般派遣へ移行する際のポイントは3点(資産的要件、事務所の要件、教育訓練)あります。 労働局はその中で『キャリアアップ教育訓練』に関して特に厳しくみているようです。 この『キャリアアップ教育訓練』ですが、2015年9月30日の労働者派遣法の改正時に義務化されました。派遣元企業は、キャリア形成を念頭に置いた段階的かつ体系的な教育訓練の実施を行う必要があります。

『キャリアアップ教育訓練』の難しさ

 下記の理由より『キャリアアップ教育訓練』の計画立ては、派遣企業の頭を悩ませるものとなっています。
・派遣労働者の従事する業務内容によって大きく異なります。
・特に年齢等で例外措置は設けられてないです。
・段階的かつ体系的教育訓練を行う必要があります。
・キャリアアップに資する事の説明が必要です。
派遣のミカタでは「教育計画の作成」、「キャリアアップに資する理由の作成」のお手伝いをしております。 労働局が受理するまで徹底サポートしています。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6265-6008

受付時間9:00~18:00(土日祝日を除く)