一般労働者派遣事業の免許更新をお考えの派遣企業様

そのお悩み、「派遣のミカタ☆」が解決します!

Needs1 派遣免許更新のための教育計画作成に関してまだ調べていない。
Needs2 事業報告書に報告が必要だが教育訓練計画を上手く立てられていない。
Needs3 段階的かつ体系的教育訓練とは何か?どう実施すればいいか分からない。

派遣法改正による教育訓練計画の義務化

 一般派遣免許を取得している企業は、初回は3年後・2回目以降は5年後毎に、一般派遣免許の更新手続きを行います。その際、思うように申請が通過出来ず、突き返させられる企業が殆どです。 労働局はその中で『キャリアアップ教育訓練』に関して特に厳しくみているようです。 この『キャリアアップ教育訓練』ですが、2015年9月30日の労働者派遣法の改正時に義務化されました。派遣元企業は、キャリア形成を念頭に置いた段階的かつ体系的な教育訓練の実施を行う必要があります。また毎年6月に労働局に提出する労働者派遣事業報告書にも教育訓練の実施を報告必要があります。

『キャリアアップ教育訓練』の難しさ

 下記の理由より『キャリアアップ教育訓練』の計画立ては、派遣企業の頭を悩ませるものとなっています。
・派遣労働者の従事する業務内容によって大きく異なります。
・特に年齢等で例外措置は設けられてないです。
・段階的かつ体系的教育訓練を行う必要があります。
・キャリアアップに資する事の説明が必要です。
派遣のミカタでは「教育計画の作成」、「キャリアアップに資する理由の作成」のお手伝いをしております。 労働局が受理するまで徹底サポートしています。