03-6265-6008 (受付時間 9:00~18:00土日祝日を除く)

製造・物流業界様向け

特徴


製造・物流のキャリアアップ教育訓練とは?

製造・物流分野における派遣キャリアアップ教育訓練の最大の悩みは「多岐に渡りすぎて何から教えるべきか、どこまで教えるべきかわからない。」という問題ではないでしょうか。現状この問題に対応できるeラーニング教材があまり存在しないという実態が発生しています。さらにスマホやパソコンを持っていないスタッフの割合も多く、どう教育実施すべきなのかも同時に問題となってきます。勤続年数の長い高齢スタッフ、外国人スタッフなど人員の幅も広く、人数も多いとなると教育の打ち手をより吟味する必要があります。

製造/物流業界のニーズにお応えします


Point

1

自社に合う教材がある

製造と物流の教材を提供しており、外国語教材もご用意可能です。現在、英語、ベトナム語、中国語、ポルトガル語に随時対応中。「他にない」が「派遣のミカタ☆」にはあります。

Point

2

スマホやパソコンを持っていない派遣社員の為に

eラーニング教材をプリントアウトした紙教材で特別対応が可能です。紙教材としてご利用される場合も柔軟なID管理によりコストダウンを図れます。

Point

3

データ管理が事業所単位で可能

管理者の権限分け機能により、本社と各営業所で管理の役割分担ができ、事業報告書提出を各営業所ごとに労働局に提出する事ができます。(2017年5月末から)。

製造・物流の新しい教育水準を築く。

当社で取り扱っている製造と物流の教材が基礎から応用までの学習はもちろん、現場ごとの個別細分化した教育へ対応していく事が今後のキモとなってきます。しかし、専門分野の学習だけをすれば良い時代でも無くなりました。様々なバックボーンを抱えたメンバーと働く上でのコミュニケーション、そして多国籍チームで働く場合の言語など今後の日本の未来の働き方の要になり現在クライアントでも力を入れている企業が増えてきました。能力開発とコミュニケーションをキャリアアップの土台とする計画が功を奏すると私たちは考えます。

このような講座をご用意しています


現場学習
コンプライアンス 企業危機管理 実例を通じて、現場での危機管理を身に着けます。1.点検チェック ・体調管理・車両管理・免許証確認・身だしなみチェック2.現場安全対策・ながら運転・高所作業の危険3.個人情報管理4.社会的ルールとマナー
5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)の基礎と演習 企業の「モノづくり」そのもの、そして「モノづくりの現場」を作り込むには、改善の­ための土壌づくりと企業の基礎体力の養成が必要であり、その要となる取り組みが「5S」です。このシリーズでは、要となる5Sについて、「5S活動の位置づけ」、「5S活動の手順­・推進」そして「5S活動の具体的方策」を学び、実践に役立てていただくことを目的としています。
5Sについて 「整理整頓は安全の母」とか「安全活動は整理整頓に始まり整理整頓に終わる」などといわれます。 この「整理、整頓」に「清掃」「清潔」「躾」を加えたものが5S運動です。
安全衛生研修 現場スタッフ編 現場スタッフが必ず身につけなければならない安全衛生についての研修教材です。
安全衛生研修 オフィススタッフ編 オフィススタッフであっても安全衛生教育が必要です。オフィス内での安全とは何かを解説します。
安全衛生 安全を確保するための心構えと遂行方法を学習していきます。
ロジスティックス 基礎研修 物流業界で働く人のために、物流業界の特性を説明、業界用語という基礎知識を解説していきます。
品質管理Ⅰ 第1章 品質とは 製造現場で働くスタッフに求められる品質とは何か? 求められる品質について学び、その意識づけを行います。
品質管理Ⅰ 第2章 品質管理とは 第1章で学んだ品質をどのように担保していくのかその方法を学習しましょう。
品質管理Ⅰ 第3章 QCセンスをみがく 実際の問題に合わせて、求められる品質を生むための手法を検討することが品質管理への近道です。
品質管理Ⅰ 第4章 問題解決におけるQCストーリー 日本の製造業を世界一の品質に導いた方法がQC7つ道具です。製造業で働く人にとっては必須ともいえる知識を改めて解説します。
品質管理Ⅱ 第1章 QC7つ道具とは 品質管理(QC: Quality Control)における問題解の手順を学びましょう。
品質管理Ⅱ 第2章 グラフ データをグラフにして見える化していきましょう。
品質管理Ⅱ 第3章 ヒストグラフ データのばらつきを学んでいきましょう。
品質管理Ⅱ 第4章 チェックシート データの記録・集計・整理を容易にして抜けもれをなくしていきましょう。
品質管理Ⅱ 第5章 パレート図 重要な原因が何であるか、重点項目を決定しましょう。
品質管理Ⅱ 第6章 特性要因図 問題とその原因の関係を整理しましょう。
品質管理Ⅱ 第7章 散布図 2種類のデータの相関関係を調べましょう
品質管理Ⅱ 第8章 管理図 工程の時間的変化を把握し、安定状態か異常状態かを判断しましょう。
品質管理Ⅱ 第9章 層別 QC7つ道具と組み合わせて使いたい思考法を探っていきましょう。
製造業の基礎知識 業界説明、用語説明など。これから働く人のための基礎知識です。
生産管理(基礎) 生産管理の基本となる工程管理などを学びます。
ものづくり基礎(作業管理) 製造現場ではどのような教育が行われているのかをご紹介します。
品質とは 品質は製品の命。品質を向上させることで、企業の信頼も向上します。
職長教育 現場のリーダに必要なマネジメント力について解説します。
職長教育(労働安全衛生法第60 条) 現場の責任者として必要な管理・監督について学びます。
第一種衛生管理者合格対策講座 衛生管理者試験合格に向けた学習教材です。
ISO9000 ISO14000 ISOとは何か。なぜ求めらるのか。ポイントを解説します。
職場コミュニケーション
現場で即使える本物のコミュニケーションスキル コミュニケーション能力を高めるツボとコツが満載。今日からすぐに使えるノウハウを完全収録!体系化が難しいとされるコミュニケーションスキルを桑原先生の豊富な営業経験に基づき誰にでもわかりやすく解説していきます。
技術者のためのビジネスマナー講座 現場に即したマナーとは。一度学んでみてはいかがでしょうか?
意識マナー・コミュニケーション表現技術 スペシャリストへの道〜ビジネスマナー講座編〜 挨拶・お辞儀はコミュニケーションの第一歩挨拶をするかしないか?どのような挨拶をするかは、コミュニケーションをスムーズにするだけでなく、売上やミス・ロスにも直結するもの。挨拶を制するものがすべてを制す!ひとつひとつの挨拶・お辞儀を大切にしましょう。
リーダシップ・マネジメント
今の時代に求められるリーダーシップマネジメント あなたの部下は、あなたの元で実力を発揮できていますか?組織のメンバーの力を引き出せるかどうかは、あなたのリーダーシップにかかっています。
自ら考え動く部下に育てる 「なにごとも経験だ」のひとことで部下を放任してしまっては人は育ちません。経験が学習となって成長に結びつくには、適切な業務のアサイン、動機付け、指導が重要です。本講座ではティーチングとコーチングの使い分けなど、部下を育てるための、より具体的な手法やコミュニケーションのとり方などを解説します。
新入社員育成のために配属先の管理職が知っておくこと 新卒入社の新入社員には、仕事のやり方を教えるにとどまらず、社会人としての心構えを伝えたり、就労意欲を高く持ってもらうことが必要です。しかし、いざ新入社員が職場に配属されると、どう接したらいいかとまどってしまうことも多々あると思います。本講座では講師が実践している事例を交えて、新入社員との関わり方や面接のポイントについて、解説いたします。

習熟度別にカリキュラムを組むことも可能


担当者補助者には…
STEP1 物流or製造ロジスティック/品質管理の基本/ビジネスマナー/コミュニケーション(初級)
STEP2 コミュニケーション(中級)/ロジカルシンキング(初級)/マーケティング(初級)
STEP3 リーダーシップ(初級)/ロジカルシンキング(中級)
業務管理熟練者には…
STEP1 物流or製造ロジスティック/コミュニケーション(中級)/ロジカルシンキング(上級)
STEP2 リーダーシップ(中級)/ビジネス統計
STEP3 マーケティング(中級)/事業開発
リーダーやトレーナーには…
STEP1 コミュニケーション(上級)/リーダーシップ(上級)
STEP2 マーケティング(中級)/イノベーション
STEP3 マーケティング(上級)/事業開発/組織統制

INDUSTRY
業種別ソリューション

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6265-6008

受付時間9:00~18:00(土日祝日を除く)