ブログ/コラム

派遣社員向け 2022年01月13日

派遣社員の産休は必要?とれるもの?

派遣社員の産休は必要?とれるもの?

教育環境を整えましょう

資料ダウンロード(無料)

 

経済活動はしたい一方、何かに拘束されるのが嫌で派遣社員になる方もいると思います。 特に育児をしながら自分のペースで働きたいという方もいるでしょう。 しかし、正社員ではない派遣社員は産休は取れるのか?どうやって取ればいいのか? 今回はそんな問題を解決していきます。

派遣社員の産休はとれるのか?

結論から申し上げますと、派遣社員でも産休(育児休暇)は可能です!ただし、一定の条件がありますので、それを満たす必要はあります。

 

1.産休は出産前6週間・産後は8週間

まず、産休は本人の希望により、出産前に6週間取得できます。また、出産条件が双子の場合、14週間取得できるという条件があるのです。更に、産後は8週間の休暇を取得できるのです。但し、働く意志さえあれば、医師の許可が下りた場合に6週間以降から復帰する事も可能です。

 

2.育児休暇の場合

育児休暇の取得条件は各企業によりますので、まずはコチラをご確認ください。そして、この育児休暇の延長の場合は法律により規定があるので、その条件が適用されます。その規定とは、

 

  1. 保育所に入所希望しているが、入所困難な場合。
  2. 1歳以降の養育を担う予定だった養育者(配偶者)が、死亡または負傷、疾病などにより困難になった場合。

 

となります。特に保育所に関しては地方自治体によりますので、速めに確認しておき、入れなかった場合の対策をしておきましょう。

産休の取得

産休・育児休暇を取得するには契約先の派遣会社に早めに申告しましょう。また、通院や診断などを受ける事が増えると思いますので、それに必要な時間も合わせて伝えておくのがベストかもしれません。また、それら申告は1週間前までにしておきましょう。

育児休暇の場合、申告期限は法律で休業開始1か月前までと定められています。これらを合わせて、事前に派遣会社に確認するようにしましょう。

派遣社員のキャリアアップにおすすめのサービス紹介

教育環境を整えましょう

資料ダウンロード(無料)

 

1,300社以上の導入実績を持つ「派遣のミカタ eラーニング」は、派遣法改正により義務化された派遣スタッフのキャリアアップ教育を丸ごと効率化する、派遣業界特化のeラーニングサービスです。

 

様々な業種に対応する約20種類の教育カリキュラムと、3,000を超える多様な学習コンテンツが搭載されているので、eラーニング導入時に負担となる、カリキュラムの作成や教材の制作なども必要ありません。

 

受講者と学習データの管理、事業報告用の実績算出もラクラクなので、難しい操作や設定もなく簡単にeラーニングを導入・運用することができます。

 

また、派遣法改正やトレンドに合わせてほぼ毎月コンテンツを更新しているため、在職期間の長い従業員の教育や派遣社員以外の社員教育にもご活用いただけます。キャリアアップ教育に必要な機能がすべて揃って、月額費用はわずか19,800円〜!

SHARE

この記事の著者

派遣のミカタ事務局

派遣社員の教育や、派遣業界の様々なことについて日々取材し、記事を執筆しております。

こちらの記事もおすすめ

派遣法 2022年01月13日

特定派遣の廃止!労働者派遣事業の許可制への一本化

目次特定派遣の廃止!労働者派遣事業の許可制への一本化事前に知っておこう!労働者派遣法の基礎知識特定労働者派遣事業が廃止!特定労働者派遣事業者はどうなるの?許可申請が必要になった労働者派遣事業業界再編に...

派遣業界情報 2022年01月13日

派遣企業もプライバシーマークを取得しよう!

目次プライバシーマークをつけよう派遣事業にも効果的派遣事業に役立つおすすめサービス プライバシーマークをつけよう 今回はプライバシーマークについてご紹介します。そもそもプライバシーマークとは、「プライ...

派遣法 2022年01月12日

同一労働同一賃金で派遣労働者の賞与はどうなるのか?

目次同一労働同一賃金の目的とは?同一労働同一賃金における賞与の考え方賞与以外の手当も同一労働同一賃金の対象派遣労働者特有の取り決めとは?適切な賞与の支給のために準備を整える必要がある!派遣法対応に役立...

すべて見る

派遣法に対応した
教育環境を整えましょう

サービス紹介資料ダウンロード(無料)

お電話でのお問い合わせ
03-6265-60089:00~18:00(平日)
無料機能を無料で体験いただけます
無料で体験する

さらに詳しく知りたい方へ導入にあたって気になるポイントを詳しく開設します